簡単にできるカビ・菌対策【洗濯&浴室編】

カビが目立ってきたらカビ〇ラーを買ってきてそこら中に噴射。とはいってもカビ〇ラー高い。自分が少しでも節約するために何かできることはないか調べてみることにしました。

毎日の家事にプラスしてカビ汚れや、菌による悪臭を防げるとのことで、私にでも理解できそうなカビ・菌対策を忘れないようにまとめてみました。

カビの好きな環境とは?

湿度が高い

湿度が70%ぐらいになるとカビが活発に活動します。浴室や台所、水回りで多く活動します。

汚い

カビの大好物は、ホコリ・食品カス、皮脂のついた服。掃除をしないでいるとどんどん増殖しちゃいます。

風通しが悪い

換気ができない状況が続くと、カビの胞子や、ホコリなどがどんどん部屋に積もっていきカビが発生する。

洗濯で気を付けたいこと

濡れたままの洗濯物をそのまま放置していると、洗濯物に残った菌が増殖してしまいます。なので、洗濯機が止まったら即座に干さなくてはいけません。

干した洗濯物の下に、くしゃくしゃに丸めた新聞紙を開いて置いておくと、洗濯物の湿気を新聞紙が吸ってくれます。多ければ多いほどいい。邪魔だけど。

丈の長いものを外側に、短い丈のものを内側にして干す「アーチ干し」空気の通り道を作ることですぐ乾きます。

洗濯物と洗濯物の間に風が行くように扇風機を回すと乾く速度が速くなる。

ボタンはすべて外し、襟はたて、できるだけ重なる部分を少なくする。

浴室をきれいに保つには?

水回りに繁殖したカビは50℃のお湯を90秒かけることで退治できます。1度やっつけたら、1週間に1度50℃のお湯を5秒かけるだけで大丈夫。

入浴後に、壁や床に水をかけ、カビの餌になる泡や汚れを良く流してください。

天井にもカビが繁殖している。50℃のお湯をかけるのは危ないので、エタノールをしみこませたキッチンペーパーをクイックル〇イパーにつけて、週に1度はふき取る。

お風呂場の換気扇は、週に1度表面についているホコリをふき取る。換気扇は浴室を使った時ももちろん、終わってから2時間はつけて乾燥させる。その際、扉か窓は開けておく。

シャンプーや、リンスなど小物類は直置きせずに、ラックを用意する。ラック自体も汚れるので、定期的にきれいにする。

使用後の浴室には、約1㎡に500mlの水分が残っています。お風呂が最後の人は、面倒でも壁や床をぞうきんなどで拭いて水気をきる。

黒くなってしまっているゴムパッキンなどをごしごしとブラシなどでこすると、目に見えない小さな傷がつき余計カビが住み着いてしまいます。優しくスポンジなどで洗うといい。



まっやってみるかな。

思ったことは、週1に手入れをすることが大事だということはわかったが、1人暮らしだとめんどくさくて忘れてしまうけど、家族がいるときもみんなが必ず協力してくれるわけではないので、まぁ~自分一人が結局忘れずにやらなきゃいけないんだなと思いました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする