赤ちゃんの鼻くその取り方

この頃、おっぱいを飲むときに鼻が詰まってる音がする。苦しそうだなと思って鼻の中を見ると、白くて粘着性の高い鼻くそ?鼻水が鼻の中に見える。それを取れば少しは楽なのか?そもそももっと奥に何かあるんじゃないか?風邪ひいてるのか?といろいろ考えるけど、結局手で届くところの鼻くそを取るだけ私。

どうしたらいいのか?赤ちゃんの鼻くその取り方をまとめてみました。

なんで赤ちゃんは鼻くそが詰まりやすいの?

鼻くその材料とは?

鼻水や鼻の粘膜から出た分泌物、空気中のほこりなどが固まってできたもの。

赤ちゃんはどうして鼻くそができやすいのか?2つの理由

鼻の粘膜が湿度や温度に敏感で鼻水が出やすい。

鼻の穴が小さくて分泌物やごみがたまりやすい。

簡単に鼻くそがとれる方法!!

かっさかさの乾いた鼻くそ取りやすそうに見えて取りにくいときもある不思議な鼻くそ。

赤ちゃんの肌を傷つけずにとる方法とは?

お風呂上りや、おっぱいを飲んだ後に取る

鼻くそがふやけている時に、綿棒や濡れタオルで取ると簡単にとることができます。肌も痛めないので赤くなったりしません。

うつ伏せ中に取る

毎日決まった時間にお風呂に入る赤ちゃんがほとんど。昼間だって鼻くそがとりたいときはあります。ほかのママさんや、他の赤ちゃんに会う前に鼻くそに気づいたときはどうしたら?

会う前にうつ伏せにして、首を上げる姿勢にすると、踏ん張って鼻くそが出ることがあるそうです。この方法はやったことがなくてわかりませんでしたが、ぶっちゃけほとんどの時間うつ伏せで首を上げているので効果がわかりません。気になる人はやってみてもいいかも。

鼻水吸引器を使う

鼻水吸引器を使って取る方法などもありますが、すごく嫌なようでギャーギャー泣きわめきます。あまりお勧めしません。



最終的には、上記の方法を試してもうまく取れなければ無理して取らなくていいと思いました。しかし、いくらたっても鼻の通りが悪い、熱もないし、元気じゃん大丈夫だと思っていると、いざ病院受診したときに「あ、RSウイルスに感染してますね」と言われることがあるので早めに病院へいってくださいね。まぁもちろん人によっては症状も違うので自分で大切な赤ちゃんを守りましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする