お見舞いのマナーとは?持ち物は?

友人や親族がもし病気、けがをしてしまって入院ということになったら…。

私だったら。

大丈夫!!!生きてる!!?と慌てて病院へ行ってしまうと思います。

もちろん生死を争うような場合…。とんでいきたいけど、落ち着いて考えるとそんな時は親族ぐらいしか病院行ったらだめだよね。

まぁどんな時も落ち着いて行動しましょう!!

お見舞いに行くときはかならず行ってもいいか聞く。

突然お見舞いに行ってびっくりさせてあげようと思う人がいるかもしれません

しかし!!絶対やめてください。

私も数日しか入院しませんでしたが、突然きたり、面会時間が決まっているのにもかかわらず、早くついてしまったからと来られたことがありましたが、ものすごく取り乱してしまいました。

もちろん、お見舞いはうれしいです。一日中一人っきりで外の景色を眺めていると、病気のことを考えたり、ケガしたことを考えてしまったり、落ち込むことばっかり考えてしまいます。

あとは、いつも元気なのに弱い姿をみせるのがつらかったです。

お見舞い品は何を持っていったら喜ばれる?

はっきりいってお見舞いにいく相手によって違ってくると思います。

・気軽に話せる友人や両親兄弟なら、電話をして何が欲しいのか聞くのが一番いいと思います。

・義両親、義兄弟や上司などの場合は、お金じゃなくて物を渡した方がいいです。マナーとしては、目上のひとにはお金を渡す行為は失礼にあたってしまうということでできる限り避けた方がいいでしょう。

見舞い品としては、常温でしばらく置いておいても大丈夫なお菓子、フルーツの詰め合わせが良いとされています。

お花なら何を持っていく?

お見舞いにお花を持っていく人も多いのではないでしょうか…。まぁお花をもらってうれしい人、団子のほうが嬉しい人さまざまだと思います。

私は後者です!!!

まぁもう入院しないと思いますが。

あとは…。病院によりますが、看護の際にひっくり返してしまったり、お花のお手入れが面倒だからと断る病院もあるので注意が必要です。

もっていかない方がいい花

・菊、シクラメン、白い花や寒色系の花

・真っ赤な花は「血」を連想させる

・花粉が多い花

あとは、花束より手入れが必要ないもの、かごに入っているやつ。名前が分からないですが、お花屋さんにあるものです。置くところに困ったりすることもあるのでできる限り小さい方がいいかもしれませんね。

持っていい花としては、暖色系のものが良いとされています。自分でお花を摘んで持っていこうって人は少ないと思いますので、お花屋さんに行って「お見舞いにもっていきたいのですが…。」と相談してみてください。

最後に

入院中というのはどうしても気分が落ち込むことが多いと思います。相手の様子をよく確認しつつ、気分が明るくなる話など優しく接してあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする