【原因】口の中が痛い 口内炎【対策】

口の中が痛くて、食べ物を食べるときにしみる。食べたくても食べれない。

口を動かすだけでも痛い人がいるのではないでしょうか?

そんな口内炎になったことある人はたくさんいると思います。

そんな口内炎について調べてみました。

口内炎の種類と原因

ウイルス性口内炎

症状としては、口の中に小さな水泡がたくさんできます。

それが破けて、痛み、熱が出たりすることがあります。

原因の多くは、元から口の中にいる菌に対して免疫力が低下してしまうことによって引き怒るとされています。

アフタ性口内炎

症状としては、赤くはれたところの真ん中が白くくぼみ痛みが出ます。

原因は十分な睡眠がとれなかったり、偏った食事など、またはストレスによって引き起こります。

カタル性口内炎

症状としては、患部が赤くはれたり、水泡ができます。

原因としては、入れ歯や矯正の器具、食事をしている時に間違ってほっぺたを噛んでしまった。

その部分に細菌が入り込んで口内炎になります。

口内炎 改善・対策

食生活を考え、バランスのいいものを食べる

ビタミンや鉄など、たくさんの種類を適量食べる。当たり前か。

口腔内を清潔に保つ

毎食後しっかり歯磨きをしていないと、細菌やウイルスが繁殖してしまい口の中の粘膜を攻撃してしまいます。

口腔内を乾燥させない

口の中がカラカラで唾液が少ない状態になると、唾液の力が弱くなってしまいます。

唾液の力は、菌を増やさない。口の中をきれいに保つ。粘膜などを細菌からガード。

対策としては、ガムや飴などを舐めたり、定期的に水分を補給するといいです。

ストレス・生活習慣を改善しよう

ストレスをためてしまうとビタミンを消費してしまうということが分かっています。

また、たばこを吸うことによりビタミンCが体に吸収されにくくなってしまうことがあるようです。

口内炎に絶対してはいけない事

してはいけないというか、できないですが…。

刺激物を食べること

酸っぱかったり、辛かったり。できるだけ口内炎のできてないほうのところで食べてください。

口内炎を必要以上にかまわない

あとは、間違って噛んでしまったところって、膨らんだりするのでまた間違えて噛んでしまわないように気を付けてください。

違和感があっていつも噛んでしまいますが。

最後に

口内炎にもたくさんの種類があることが分かりました。

あんまり口内炎で病院へ行くということは少ないですが、いつもと違う様子だったら病院へ行ってください。

可能な限り、口内炎を触らない。かまわないようにすることによって早く治りますので落ち着いてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする