【衝撃的】こんにゃくは煮込まないほうが味が染みる【本当】

小さいころから、こんにゃくが好きでおでんといったらあの三角のこんにゃく。または、どこかのパーキングエリアで食べた串こんにゃく。よく食べてましたね。

この前NHKの番組でこんにゃくをやっていたので、自分でもやってみたいなと思ってまとめてみました。よかったら、見てやってみてください。

好きな食べ物ぐらいはと料理をしてみたけれど、味が染みない。何時間も煮てるからガス代かかるよなぁと思いつつ煮ていました。こんにゃくにかけた時間は一体合計何十時間になるんだろう…。

こんにゃくとは?

まぁ誰でも知ってるあのプルンとした煮物に入っているもの。

カロリーの低いもの。

大体100グラムで6キロカロリー。

食物繊維がたっぷり。

健康食品としていろんな製品に利用されている

まぁ健康にいいものなんだなということが分かりました。

味のしみ込んだこんにゃくをつくるには?

番組を見た次の日に、こんにゃくを買ってきました。店に置いてあったのは、

板こんにゃくとしらたきです。

今回は板こんにゃくでやっていこうと思います!!

材料

①こんにゃく 見えにくいですが、原材料名こんにゃく精粉と書いてあります。

番組ではこんにゃく芋と書いてないものを使ってくださいとのことでしたので大丈夫でしょう

②砂糖

③ジップ〇ック

手順1

買ってきたこんにゃくを切る。

こんにゃくは、1~2cmぐらいの…。食べやすく、味がしみこみやすい感じに切っていきます。

手順2

ジップ〇ックに砂糖とこんにゃくを入れて2~3分よ揉みます。

砂糖の量は100gあたり5gほどの砂糖を入れます。

手順3

水気が出てくるのでジップ〇ックの中身を網に出し、水で洗います。別に洗わなくてもいいのですが、こんにゃくの臭いが気になる人はやってみるといいと思います。

手順4

あとは好きな調味料と一緒にこんにゃくをつけます。番組では、3~6時間待つと出来上がりますといっていました。

結局何をやったの?

結局のところ、自分の好きな大きさに切り、砂糖を入れよくもんだ。以上です。

番組では、実験で何時間も煮てる映像が流れていましたが、長時間煮ることによって分かったのは、味は染みない。こんにゃくに弾力が出て硬くなってしまうということでした。

今回作ってみて思ったのは、包丁は使うけど、火は使わないのであんまり危険じゃないし、エコに味が染みたこんにゃくを食べれるのが待ち遠しいです。

最後に

日本特有のこんにゃく。とてもヘルシーでおなかの掃除にもいいこんにゃく。

様々な国で、様々な形で愛されています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする