牡蠣の旬や選び方&豆知識

寒い季節になると、鍋や焼きかきとか食べたくなりますよね。まぁおいしければ年中食べたいけど。別名「海のミルク」といわれてたくさん栄養やうまみが詰まっています。寒い季節かきをたべて冬を乗り越えましょう。

かきの旬はいつ?

かきの種類によって、夏が旬のもの、冬が旬のものがあります。今は冬なので、真かきについて

10月ごろからお店に並び始めますが、11月、12月と日を追うごとに身が詰まり香りもよくなっていきます。

最もおいしい時期は年明け以降だそう。

かきの選び方

ん?かきの選び方。そんなん中開かなきゃわからないよ。って思う人もいると思います。もちろん私もそうです。

殻付きのかきの選び方

・平べったいものよりふっくらしていて重たいもの。

・殻に傷が少ないもの。なかのかきも弱ってしまう。

剥いてあるカキの選び方

・身がふっくらしたもの

・身が乳白色でつやつやしているおの

・黒いひだの部分がしっかり縮んでいるもの

かきと一緒に食べてほしいもの

かきと一緒に食べるもの…。フライならタルタルソースかれもんとか?鍋なら野菜と一緒に食べますよね。何と食べるといいとかあるのかなぁ?

・れもん

れもんに多く含まれるビタミンCは、かきに含まれている鉄の吸収をあげる働きがあります。

・豚肉

豚肉に含まれるビタミンB1とかきに含まれる、カルシウム、グリコーゲンと一緒に取ると疲労回復によく効きます。

なので、「かき鍋するよ!!」って時はかきだけじゃなくて、豚肉も入れるといいです!!

生食用と加熱用どっちがいいの?

え?!生食用のほうが新鮮でいいんじゃないの?!っていう人いませんでしたか?私は、てっきり、生食用のほうが新鮮。加熱用のほうは鮮度が落ちちゃったやつ。って思ってました。

それぞれの違いとしては

生食用

水揚げ後、洗浄加工しオゾン殺菌、紫外線殺菌をしたもの

食べ方の例としては、もちろん生かき、酢かき

加熱用

水揚げ後、洗浄加工したもの

食べ方の例としては、フライや鍋料理

生食用のかきは消毒殺菌の過程で、味が落ちてしまったり、身が縮んでしまってる時があるそうです。なので、食べ方によって選ぶのがいいと思います。

最後に

かきって聞くと、二枚貝・ノロウイルスってすぐ頭に浮かんでしまいます。妊娠中や授乳中はかきを食べないようにしました。おいしくて栄養もあるかき。食べ方、選び方を間違えず安全安心においしく食べれたらうれしいですね。

調理する際は、ちゃんと加熱消毒をしてください。生食は基本的にいいお店で食べてもらった方が安心です。

私は、かきにあたったことがありますが、まぁノロウイルスじゃなくても気持ち悪かったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする