歯茎が下がる原因 これ以上悪化させないためには

この前、歯医者に行ってきた。嫌いじゃないけどだいぶ行ってなかった。

ラジオで「妊娠している人は、産む前に歯医者に行ってください。産んでからだと忙しくて行けなくなりますよ。」と

私は、んー。虫歯もないし、歯ぐきからちょっと血が出るだけで大丈夫でしょ?

まぁ妊婦検診の中に無料券が入ってたので行きました。無料…好きだわ。

歯のクリーニングをしてもらって、うがいをするとドバーっとあたり一面

血の海

物凄くびびってしまった。

そういえば、この頃歯茎から血がでるわ、歯が大きくなったような?

歯茎が下がっちゃったのか!?ということで歯茎下がりについて調べてみました。

歯茎が下がる原因

歯をちゃんと磨いているのになぜ歯茎が下がってしまうのか?

・歯周病にかかっている

歯周病を予防しましょうとかよくCMでやってるけど。

自分ではちゃんと歯を磨いているつもり。

・ブラッシングの力が強い

これは、強いかな…。

しっかり洗ったほうが汚れがちゃんと取れる気がして力を入れてしまってる。

・加齢に伴い歯茎が下がってしまう

普通人の口の中を見せてもらうってことは少ない。

けど、職業柄、年上の人たちの口の中を見せてもらうことが多かったので私も年を取ったらこうなってしまうのかととても不安になった。

こうなってしまうってなんだよ!?

歯が溶けて歯の形をしていない。

歯茎の色が黒い。

もちろん歯石たっぷり。

歯がない。

人によってはどうなるかわからないし、こればっかりは仕方ないなと。

じゃどうすれば防げるの?!

歯茎が下がらないように対策

今までの歯の磨き方

ブラシに歯磨き粉を付けて水を付けて、さっと洗って、コップ一杯の水を使ってうがいをする。

でも、歯ぐきは下がってくるし、血は出るし。どうしたらいいんだろう。

正しい歯の磨き方

①ブラシに歯磨き粉を付ける 水は付けない。

え?!つけちゃいけないの?

水を付けることによって、すぐ泡立ち口の中が泡でいっぱいになると、口の中がすっきりして洗った気になってしまうようです。

②歯ブラシは鉛筆を持つように優しく持つ。

正しい鉛筆の持ち方は置いといて、三本の指でもてればいいんじゃないかなと。

いつもはグーで持ってました。手のひらで握るっていう感じ。

③うがいは少量の水で行う。

これも私は間違えていました。たっぷりな水で流したほうが菌や汚れが流れてくれるだろうと。

たくさんうがいをすることによって、歯磨き粉のフッ素などのいい成分まで流されてしまうそうです。

④自分に合った歯磨きを選ぶ。

CMでヘッドの大きくて毛束の多いやつがいいよと宣伝していたので、それを使っていました。

決して、それが悪いとは言いませんが奥歯の狭いところなどが磨けていなくて歯医者さんから、ヘッドの小さくて自分の磨き方にあった硬さのブラシを選ぶといいよと言われました。

⑤歯間ブラシをつかう。

ブラッシングだけでは、たくさんの菌が残ってしまっているようです。

今まで、あんなん年寄りの使うもんだろ?歯の間にゴミなんてつまらないよ!

って思ってました。

それが間違ってるとも知らずに。

歯間ブラシはいろんなサイズがあるので、1回歯医者に行って自分のサイズを確認してから自分に合ったものを買って使用してください。

最初は血が出てびっくりすると思いますが、2~3日経つと、出血もおさまります。

⑥糸ようじを使う。

これも、注意されるまで使ったことがありませんでした。

歯医者さん曰く、自分の使いやすいものを使ってくださいとのことでした。

初心者は、糸(ぐるぐる巻きになってて糸だけのやつ)より、○○製薬の糸ようじがいいといっていました。

まぁきれいになってくれればいいと思いますが。

最後に

調べてみて思ったことは、気になったら専門家のところに行く。

でも、お金がない場合は教えてもらったことをしっかり実践、守っていけば安心ですね。

一度、歯が抜けてしまっては遅い。歯茎が下がってしまったら自力では戻らない。

ということを頭に入れて、どんなにめんどくさくても自分の歯、歯ぐきを守っていこうと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする