【簡単】赤ちゃんの便秘解消術【離乳食スタート】

近頃、やっと離乳食を取るようになってきました。もうすぐ6か月。

生後5か月から食べれる離乳食を食べています。レトルトです。

離乳食を始めたらなんとうんちをする回数が減ってきました。

いいときには1日に1回。全然でないときは3日に1回。その時は…服はもちろん何から何まで大変なことになります。

まぁでも、本人が苦しんだり、具合が悪くなったりしてないので大丈夫だとは思っていますが、少し心配になってきたので、赤ちゃんの便秘について少し調べてみることにしました。

赤ちゃんの便秘の原因

今まで飲んだとしても麦茶、それ以外は母乳かミルク。まぁ水分ですよね。

水分の摂取量が減ってしまったことにが便秘につながっています。

また、お母さんの食べるものによって便秘になることがあるそうです。

揚げ物や肉、甘いもの、乳製品などを取りすぎると母乳がドロドロになってしまい出にくくなって赤ちゃんの体力の体力を奪い吸う量が減ることによって便秘になります。

お母さんが温かいものを食べた後の母乳と、冷たいものを食べた後の母乳によっても変わってきます。冷たい母乳をあげることによって腸の動きが悪くなり便秘になってしまうことがあるそうです。

便秘なのだろうか?目安はあるの?

一人一人違ってくるし、いついつうんちでたのよ。なんてお母さん同士であんまりしゃべる人はいないと思います。

実際に便が出なくて具合が悪くなったということがないのでよくわかりません。そこで、便秘の目安を調べてみました。

・何をしてもぐずってしまう。

・おなかが張っている。

・痔になる。

・いつもより食欲がなく、授乳しても吐いてしまう。

・もちろん1日の便の回数が減る。

簡単な便秘解消方法

原因が水分不足ということは、もちろん水分を多く飲ませればいいと思うけど、具合が悪くて吐いてしまってもかわいそうだし、具合が悪いのに無理やり飲ませてもかわいそう。

なので、簡単にできそうな運動やストレッチを調べてみました。

ひらがなの「の」の字のマッサージ

このマッサージは、大人でも行うことが多いマッサージです。大腸の動く方向に合わせてマッサージすることによって大腸内で硬くなって動きにくかった便が動き出して出やすくなることが分かっています。もちろん行う時は、赤ちゃんがびっくりしないよう温かい手でやさしく行ってください。

自転車こぎマッサージ

赤ちゃんを仰向けにして、両足を持ち自転車をこぐように動かす。動かすことによって消化器系に刺激を与え便が出やすくなります。できる限り赤ちゃんが嫌がらない、痛がらないぐらいの力でやってください。

綿棒で肛門に刺激を与える

用意するものは、ベビーオイルと大人用の綿棒です。汚れてもいいかっこで行ってください。

ベビーオイルを綿棒にたっぷりつけます。肛門を傷つけないように綿棒の綿が付いているところを肛門に入れぐるぐると回してマッサージします。うまくいくと、ぷぷぷぷっと便が出てきます。

上記の方法でも便が出ず、苦しんでる場合はすぐに病院へ行ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする