【新ママ必見】1か月~3か月ごろの赤ちゃん【Q&A】

ママになってから、およそ5か月がたつこの頃、生まれたときはもっとあやふやで、一人空回りして感情的になってしまったり、「これなに~??。どうしたらいいの??」と周りの家族に聞いては「自分で調べなさい!!」と。知ってるんなら教えてくれても…。となんだかよくわからないけど感情がぐるぐる?してた。

かなり落ち着いてきて以前のことを振り返ってみようと思い記事にしてみました。

Q1 湿疹が多い

赤ちゃんの皮膚は敏感なので、湿疹ができやすくたくさん出ました。もし今の自分が顔にこんなたくさんの湿疹ができたら跡が残るだろうなと、赤ちゃんも跡が残ったらどうしよう収まるのかとても心配になりました。

1か月検診の時に医師から湿疹ひどいから弱いステロイドの塗り薬出しとくよと言われて帰ってから塗ってみると見る見るうちに赤みが引いてきれいになっていきました。

ひどいときには塗るといった感じで塗り続け、今(5か月)に至りますが跡もなく、みんなからきれいになったねぇと言われるようになりました。

ステロイドと言っても弱いもの、医師はその道のプロを何年もやってきている人だったので安心して塗ることができました。

Q2よくミルク、おっぱいを吐く

良く吐きました。おっぱいを飲んでから必ずげっぷを出そうとして、縦抱きにしトントンと背中を叩いていましたがげっぷが出なくて、あきらめて横にしてしまったのが原因ですが。


そんな時は、真上を見る仰向け寝、ではなく左右どちらでもいいので傾けて背中にクッション…いや掛布団を丸めたものを入れて様子をみました。吐いたものが気管をふさいだりして大惨事にならないように。

3か月までの赤ちゃんはよく吐くことがあるそうです。しかし、体重が減ってきてしまったり、毎日噴水のように勢いよく吐いてしまったり、苦しがったりしたらすぐ病院へ行ってください。

Q3何日もうんちがでない

産んでまだ病院にいるときに数日うんちが出ないことがありました。私以上に看護婦さんが心配してくれて、綿棒でやってくれたのを覚えています。

綿棒をベビーオイルなどで濡らし、お尻の穴に綿がついているぎりぎりまで突っ込んでぐりぐり。すると、ぷぷぷぷっとガスとともに当時はまだ黒っぽい便と、黄色い便がにゅるにゅるとでてきました。その後は何不自由なくうんちが出てきます。たまに出すぎてギャザーから漏れてることもありますが。

上記のように綿棒を使う方法もあれば、1か月たったのであれば、べーびー麦茶が薬局とかに売ってるのでそれを飲ませてあげるといいそうです。

Q4しゃっくりがたくさん出る

しゃっくり…ん~。してましたね。今(5か月)はほとんどしません。してた時は、ひゃっくりは100回やったら死んじゃうとか、意味の分からない迷信を聞いたことがあったので心配していましたが何も起こりませんでした。

そもそも、しゃっくりがでるのは、横隔膜を調節する機能が未発達のため、ちょっと気温が変わったりしただけで皮膚や粘膜が過敏に反応し、しゃっくりが起こるとされています。

赤ちゃんの場合は心配することはないとされています。しかし、初めてなので心配。苦しそう。そんな時は湯冷ましやお茶などを与えると落ち着くことがあるそうです。やりませんでしたが…(笑)

Q5夜・朝が分かっていない様子

これは、4か月ごろまでかわいそうなことをしていました。どうせ赤ちゃんは疲れたら寝るだろとか甘い考えで、見たいテレビを好きなだけ見て自分が寝たいときに電気を消していたので、寝る時間が11時とかありえない時間になり、朝起きる時間も9時かなり遅寝遅起きでした。
3か月検診の時に、「何時に寝かしてる??」とほかのお母さんから質問があり、「え?寝かし?」とうろたえていたら、「私は8時には布団に一緒に入るよ」恥ずかしくて結局質問には答えませんでしたがその日帰ってから8時に布団には布団に入ろうと努力をしています。

今思うと気づかせてもらってよかったなと…。

普通は、1か月から2か月の間に夜・朝を取り違えてる赤ちゃんが多いそうです。しかし、およそ3か月には収まってくるそうです。親としてできそうなことは、入浴時間を早くして早めに寝かしたり、夜は部屋を暗くするといいようです。昼間は外気浴や日光浴をさせてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする